無料で助けてくれる転職エージェント…どこで儲けを出しているの?

近年のネット社会において転職を考える時、転職エージェントに登録をし利用することがスタンダードです。このサービスは転職希望者は登録や利用に一切の費用はかかりません。全て無料で求人の紹介や転職に関するノウハウがエージェントから提示されます。ユーザーにとってはこのうえないサービスですが、実はこの費用は採用を行った企業が支払っており転職エージェントはここで儲けを出しています。

転職エージェトは、転職希望者に対し無料で全てのサービスの提供を行うことを売りに多くの登録者を集めます。その中から電話を含む面談をを行い希望する業種や条件など細かなヒアリングを行いデータベース化します。一方企業側はこのエージェントに対し必要な人材の条件等を提示し求人依頼を行います。そこでエージェントは双方がマッチしそうな人材をデータベースからピックアップし双方に紹介します。つまり転職希望者と企業との仲介業者であり、その結果入社という事実が発生した時点で企業側から人材コンサル料という形で収入を得ています。このコンサル料とは一般的にはその入社した人材に対して企業が決定した理論年収(固定的に支払われる年間の給与)の30%から35%が現在の相場となっています。従ってこの理論年収が高ければ高いほど利益率はあがる仕組みとなっています。

ただし、一般的にその人物が入社して6ヶ月以内に自己都合退職をした場合には、その在籍期間により割合が異なりますが受け取ったコンサル料を採用した企業に返金しなくてはなりません。

 

Mayes